Snow Crystal

ジャンプ感想メインにマンガとアニメの萌えをつらつらと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ25号 銀魂260訓感想


ジャンプ25号 260訓「大切な荷ほど重く背負い難い」感想です。




松陽先生と銀さんの出会い。

先週号で銀さんのまわりにあった死体。
それらからものを奪うことで生きてきたらしい銀さん。


初めて先生がしゃべりました。
即行で声は誰がやるんだろう!て思ったw

少なくともまわりにいた人たちを殺したのは銀さんじゃないのかな。
でも「敵を切るのではなく」って言う言葉からしても、誰かの命をすでに奪ったことがあるのかもしれない。


気になったのが刀。
先生が今回与えた刀って、紅桜編の回想シーンで銀さんが持ってた刀と違うんですよね。
あの時持ってたのは先週から持ってた柄が白い刀。
「刀も屍からはぎとったんですか」って言ってるけど、これだけは違うのかな?
だとしたら出所気になりますよね。
先生以外で銀さんが大切にしてたもの。
家族かとも思ったけど、銀さんの今までの発言からしていまいち考えにくいし。

ここらへん、どうなんでしょうね。



現在に戻って、鬼気迫る表情で地雷亜に木刀をふるう銀さん。
腕と足の骨折って、ただひたすらに攻撃。

背負う苦しみも、背負われる苦しみも、先生のおかげで知ることができた銀さん。
その苦しみから逃げる奴は臆病者。

「臆病者の相手は臆病者で充分だ」
「この俺で充分だ」

つまり、銀さんは自分も地雷亜と同じく臆病者だと。
先生が死んで、そういう背負い背負われるものから逃げたということ?

大量の屍の中で一人空を見上げる白夜叉銀さんがなんかもう切ない。


本当に本当に、銀さんは先生を大事に思ってたんだな。

「荷ごと弟子背負う背中があるかァァァァァ!!!」

銀さんにとっての「師匠」とはそういうもので、そうあらなければならないもの。

だからこその激昂。


ほんとにこのシリーズ、重いですね。



最後はお互いに手足使えなくなったところで頭突き!

…銀さんのほうが石頭でした!!

けど、銀さんはとどめを刺そうとはしなかった。
今までの感じから、ほんとに殺しちゃうかと思ったから、少し安心しました。

そして結局、再び立ち上がりクナイを銀さんに向けた地雷亜は、後ろから月詠に…
奇しくも、最期は彼が望んだとおりになってしまったのかな。

この行動は月詠にとってどうなるんだろう。

さすがにこれは銀さんも予想外だったぽいし。


いちおうバトルは片付いたけど、心理的な部分はこのあとどうなるのかな。


来週も楽しみです。



なんかいろいろ書いたけど、最後に。

銀さんめちゃくちゃかっこいい。

1ページ目で先週の過去の続きが読めると思ってなかった&先生のセリフに、心臓止まるかと思ったww



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

銀魂新訳紅桜篇

プロフィール

霜月

Author:霜月
マンガとアニメ大好きな腐女子。
銀魂とBLEACHラブ!
基本的に銀ちゃんと日番谷くん至上主義ww

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。