Snow Crystal

ジャンプ感想メインにマンガとアニメの萌えをつらつらと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLEACH365 Whose Side Are We On

ジャンプ33号 BLEACH365話感想です。

今回はそれぞれの反応のみでしたね。

仮面の軍勢の登場に驚く面々。

とは言っても、やっぱり日番谷くんは知らないんですね。
日番谷くんが護廷入りしたのってどんなもんなんですかね??

檜佐木もうっすらとした意識の中で拳西見つけてました。


アイサツしときたい相手はいるかという平子。
ほとんどがいないという中、リサだけ京楽のとこに。
京楽隊長の副官はツンばっかですねwww

平子は山じいのとこに。
恨みをはらしに来たのかと問う山じいに、藍染にな、と答える平子。
恨みがあるとしたら結界はって戦ってたことだと。

あっ!
いないいないと思ってたピエールは結界はるお仕事だったんですか。
つか、平子たちは一体どこで迷子になってんだ、てくらい来るのに時間かかったなって思ってたら、そういうことか。
ある種大人の事情ですよねww


「俺らは藍染の敵 一護の見方や」

一護の見方、ではあるんですよね。一応。



ワンダーワイスが声を発すると、でかいのが大量のギリアンを吐き出す。

最後はみんな仮面を出して終了。


もうなんか完全に護廷の面々いらない子じゃんorz


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

銀魂新訳紅桜篇

プロフィール

霜月

Author:霜月
マンガとアニメ大好きな腐女子。
銀魂とBLEACHラブ!
基本的に銀ちゃんと日番谷くん至上主義ww

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。