Snow Crystal

ジャンプ感想メインにマンガとアニメの萌えをつらつらと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀魂308訓「煙管と十手」

ジャンプ24号銀魂ネタバレ感想です。
鰤の感想もちょこっとだけ。



辰五郎さんはイケメソでしたww
これで四天王篇も終わるのかなー


辰羅を全員倒した銀さんと次郎長。


さらにお登勢たちも華陀の屋敷に迫ってくる。



華陀は「この借りは必ず春雨が返す」と言い、去っていく。
追いかけようとする銀さんと次郎長だが、怪我で思うように動けず。



年は取りたくない、とこぼす次郎長と銀さん。
次郎長は煙管、銀さんは十手をそれぞれ取り出す


「…勝手に約束して…勝手にかっぱらってきただけさ」


煙管も辰五郎さんの形見、ってあれ、既出だっけ…?どうだったか覚えてないやww



「ヤロウはヤロウのまま死んでった。最後まで侠通して。俺なんぞのために護るもん残したままのた
れ死んでった。俺が殺したのさ。だったら俺は侠捨てても…人間捨てても…生きてヤロウの残してい
ったもん護るしかあるめェ」

「…俺ァ天人どもにこの時代に…飲み込まれるワケにはいかねェ。はいつくばってでもこの街で生き
抜いて護らなきゃいけねェモンがある。たとえこの街に嫌われようと」



でも、お登勢や銀さんを見てると、元の次郎長に戻ってしまいそうだと。

辰五郎と銀さんを重ねて、「邪魔なんだよ」と告げる。


「もう二度と約束を違えるつもりはねェ。アンタもそうだろう。曲がらねェのも曲げられねェのもも
うお互い百も承知のはずだ。だったら相手へし折ってでも進むしかねーだろ」


銀さんがそう言って、二人同時にそれぞれが持つ形見を上に放り上げる。


「俺は俺の約束のために生きる。お前はお前の約束のために死んでゆけ」




二人が斬り結ぶ瞬間、平子が到着。


その前で、煙管が真っ二つに。
銀さんは十手をキャッチ。

砕ける次郎長の刀。


「砕けたのはてめーの約束だ。俺の勝ちだな」


何故斬らなかったと問う次郎長に、二度と約束を違わねぇと告げる銀さん。



「禁煙しろ、クソジジイ」






いやもう…二人ともかっこよすぎやろ…


辰五郎の大事なものの中には次郎長も含まれていて、だから斬らなかった銀さんと、侠を捨ててでも
今まで必死に天人から護ってきた次郎長と。




辰五郎さんの顔も、出てきました

黒髪で、銀さん憧れのストレートヘアな銀さん、ってかんじです笑

あ、プラス無精髭


この場合、銀さんが辰五郎さんに似てるって言ったほうがいいかな


あ、目も死んでませんよ笑


若いころの次郎長もけっこうイケメソだったけども、辰五郎さんもイケメソだなぁ…

なかなかレベル高い三角関係だったのかww

てことは、あの女将も実は昔は美人だったりしたのだろうか…ww





なんか途中から平子が一気に弱体化した気もするけど、最後はちゃんと次郎長と一緒にいられるよう
になるのかな

色々許せない面はあれども、きっと彼女にこれ以降断罪する場もない気がするし



そういえば、先週は画面的にホントR18だった気するなぁ
あそこまで血ぶしゃあってなるのも少年誌であんまなくないか?
頭とか普通にぶっ刺してたしww



早くコミックで通して読みたいなぁ
修正箇所とかけっこうありそうだし。

こっから先、四天王の一角が崩れ去ったわけだけども、かぶき町はどうなるのかな

まぁそのへんは来週からのでわかるんだろうけど、この後の華陀の動きが気になるな。


また表面上は平和な感じがしばらく続くのかどうか。




しかし、そろそろギャグが読みたくなってきたなぁ笑


シリアス大好きだけどね










さてさてブリーチ…

ちょっと最近は銀魂感想しか書いてなかったけども、久しぶりに笑



つーかまぁ、一言言いたいだけなんだけど





藍染さまが、ただの雑魚キャラAになってました




以上www



あれでも一応ラスボスポジにいたのに…
なんだあれ…wwww




あと夜一さんがエロかった\(^o^)/







スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

銀魂新訳紅桜篇

プロフィール

霜月

Author:霜月
マンガとアニメ大好きな腐女子。
銀魂とBLEACHラブ!
基本的に銀ちゃんと日番谷くん至上主義ww

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。