Snow Crystal

ジャンプ感想メインにマンガとアニメの萌えをつらつらと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀魂302訓「侠の鎖」

ジャンプ17号銀魂ネタバレ感想です。



もう万事屋大好き。
確かに「家族」って言葉だけじゃ括れないものがありますよねぇぇぇぇぇぇぇ!!!

次郎長に酒を注ぐ平子

「番犬の鎖はもうちぎれた」のに、なぜ店まで取り潰そうとする、という次郎長に銀時には端から鎖なんて付いていない。
それ故「アニキは必ず来ますよ」


次郎長がお登勢にとどめをささなかったこと、戦争に巻き込まないためにあえて斬ったこと、全て見ていた平子。
次郎長を繋ぐ鎖はお登勢ではなく、銀さんと同じもの。

「この先は旦那(あんた)の代わりに俺が護ってやるってよ」

「次郎長…お登勢を…あの街を…頼む」


たった一人の男と交わした たった一つの約束

己が定めた鉄の誓い

「侠の鎖」

二人の違いは、一人はそれでもこの街を愛し、この街を護ろうとしている。
もう一人はこの街の形をゆがめても絶対的な力で護ろうとする

二人のぶつかり合いは避けられないけど、自分は次郎長の味方。
だから全て終わったときには私の元へ戻ってきてくれますよね、と切なそうに言う平子。



一方万事屋。
辰五郎の仏壇の前にいる銀さん。
形見の十手を手に取ったところで新八神楽がやってくる。
勝手にしろと言われたからここに来た。
自分たちも共に闘う、と。

それでもつっぱねようとする銀さん。

「いい加減にするアル。銀ちゃんもバーさんも間違ってるアル。一人で何もかも勝手に背負いこんで勝手にいっちゃって…それで救われたって私達何にも嬉しくないネ。バーサンがいなくなったら助かったって、何にも嬉しくないアル。銀ちゃんがいなくなったら、生きてたって何にも楽しくなんかないアル!!」


「……楽しくなんか…なくったっていいだろ。それでも俺ァてめーらに生きててほしいんだよ。もうごめんなんだよあんな思いすんのは。もう誰一人 死なせたくねーんだよ」


銀さんをぶん殴る新八。
それでも坂田銀時か、一旦護ると決めたものは絶対護り通す、それが坂田銀時だろうと言う新八。


「ちょっと位お登勢さんが危ない目にあった位でなんだってんだよ!!お登勢さんはあれ位じゃ死なない!!僕らは死なない!!アンタは死なない!!」

「何故ならアンタが僕たちを護ってくれるから!!何故なら僕らが絶対アンタを護るからだ!!それが万事屋じゃないんですか。そうやって僕ら三人…今迄…いろんなもの護ってきたんじゃないですか」



ハンカチを差し出すたま。そしてキャサリン。
まだ何も失っていないから、その魂までなくさないでという。
だから今度は私たちを信じてください、と。


仏壇に供えた団子を手に取る四人。
そして銀さんも。

もう一度辰五郎に約束。

「ありがとうよ旦那 こんなくそったれどもと会わせてくれて」



翌朝、次郎長一家と西郷たちが店を取り潰しにくる。
しかしなぜか店にはのれんがあがっていて。
扉を開くと銀さんが一人飲んでいた(いちご牛乳を)(お猪口で)(えええええ笑)


かぶき町中敵に回してまだ葉向かうのかという奴らにてめーらはかぶき町の一部でも何でもねぇ、ただの道に転がる犬のクソと変わらないという銀さん。

「俺にとってかぶき町に必要なもんは 何一つ欠けちゃいねェよ」

「僕らのかぶき町の全ては」

「ぜーんぶ」

「ここにあるアル」

「潰せるもんなら潰してみろ 何人たりとも俺達の街には入らせねェ」


銀さんは十手と真剣持ってる






万事屋さいこぉぉぉぉぉぉぉぉ
大好きだ…ホント好き…


銀さんって常に諭す側で、こうやって怒られるってことないじゃないですか
記憶喪失のときとかはまぁ別にしても
だからなんかグっとくるものがあった。
これをやったのが新八神楽だからってのがね
やっぱ銀さんを変えれるのはこの「家族」だけなんだなぁ
空知先生曰く「家族」じゃないんですけど、他になんて言ったらいいかわかんないので「家族」
家族以上の何かがあるもんね

血は繋がってるのに全然家族らしくない次郎長と平子
血なんてこれっぽっちも繋がってない(宇宙人やらロボやらいるしw)けどそれ以上の絆を持つ万事屋


新八が殴って怒鳴るとこ、泣くかと思った
ていうかちょっと泣いたかもしれん

新八も成長したなぁって感じる


今回神楽たちが言ったことって、まんま銀さんが月詠に言ったことじゃないですか。
だから銀さんはそゆことちゃんとわかってて、でもそうできない
だから「それでも俺ァ てめーらに生きててほしいんだよ」の切ない表情

お登勢さんのことだけじゃないんだろうな
「誰も死なせたくない」っていうのは

銀さんの行動は先週も書いたけど(お登勢さんもか)、自分を犠牲にすることで回りを傷つける
それはたしかに間違ってるんだけど、銀さんの気持ち考えたら間違ってる!って言えない…
そこで言えるからこそ神楽たちなんですけどね


今回の長編は見たことない銀さんの側面がたくさん見れますね
弱い部分っていうのかな
割とあっさり弱音をもらした銀さんはたぶんものすごくつらくて仕方ないんだろうな



と、まぁいろいろ書いても所詮私の勝手な考え入ってますけども!笑

私の元へ戻ってきてくれますよね、という平子の表情も切なくて
この子もただ親から愛されたかっただけなんだろうなぁってのはすごくわかるんだけど
まだ子供だしね
でもやっぱりしたことは許せない



なんかもう、空知先生の創りだす「セリフ」はホントに素敵だと思う
今回の展開はある種王道なわけで
でもここまで引き込まれて感動するのってさすがだと思う
お前何様?って言われそうだけどそう思ったので笑

エリーのツイッターで一日で原稿完成させる(それまでネーム)って書いてあって、本人も前にもっと良いものつくれるのに(時間あれば)って言ってて。
いかに言葉を大事にしてるかっていうのがね

だからなんか、銀魂のセリフって覚えちゃうのかなぁ



で、店潰しにきたときにちゃんとアゴ美いるんですよ笑
シリアスシーンなんだけど、ゴメンなんか笑うwww
一人ボケてくれたしねwww
「こんな朝っぱらからなんて働き者なの!!」っておまwwwww


「来る」ってわかってる平子は銀さんをどうしたいのかな
まぁ次郎長のために殺したいんだろうけども
でも純粋に銀さんのことは気に入ってるぽいし



最後みんなで立ち向かうところかっこいい
銀さんの真剣久しぶり!!
ちょっと最近紅桜の予告でよく見るけども、実際には久しぶり!!

ところで右腕刺された傷。
絶対すぐ開いちゃうと思うんですけど普通なら笑

で、最後のシーンにはキャサリンいないけど、どこいった??
戦闘要員じゃないのはまぁわかるけど
なんか裏でやってそうだな

次郎長は出てくるのかなー





私はやっぱ既存のキャラに関わってくる長編が好きだなぁ
基本的には全部好きなんだけど。

紅桜しかり海坊主しかり、動乱編しかり。
今回のもお登勢さん…万事屋にがっつりで

新キャラ出てきてそいつのために戦う、ってのよりもなんか好きなんだよなぁ


にしても、銀さんって武器にこだわらないよね
割となんでもいける


先週ちょこっと出てきたキャラは出ないのかなー






四月からのジャンBANGのVOMICは銀魂!
いいところで続きは映画で!ってなるみたい笑

普段見ないけど、これは見なきゃね

再放送のOPEDは映画のDOESの二曲で、映像は映画の予告的な感じらしい
映画終わったらどうすんのかな??

てか、再放送っていつまでやるんだろう…
始まる前から終わる心配すんなって話かw


ファミマのBGMに万事屋が乱入!!…って、一体どのタイミングで流れるのかw
4種類てw
入り浸れと???笑




あーーーー
なんか昨日のイベントが夢のよう…
楽しかったぁ…






スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

銀魂新訳紅桜篇

プロフィール

霜月

Author:霜月
マンガとアニメ大好きな腐女子。
銀魂とBLEACHラブ!
基本的に銀ちゃんと日番谷くん至上主義ww

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。