Snow Crystal

ジャンプ感想メインにマンガとアニメの萌えをつらつらと。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀魂301訓「若者の務めは老人の死を看とること  老人の務めは若者の生を看とること」

ジャンプ16号銀魂ネタバレ感想です。

とりあえずこれだけ。



良かったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ

もうあこれがわかってよかった


お登勢さんは無事でした
重症だけども
ちょっとまだわかんないけども
でもたぶん死ぬ線はなくなた。

あーーーーーーーーーーーーー
良かったぁぁぁぁぁぁぁ
一週間ずっとお登勢さんのこと考えてた気がする
どういうことだ





さて、ちゃんとバレいきます


華陀と平子の会話
これで次郎長に花が戻るという平子

しかしそれでも次郎長が平子を見ることはないという華陀に「その口止めやがらねーと花が咲くことになるぞババア」とすごむ平子


お登勢さんは病院の集中治療室

キャサリンたちはつきっきり
神楽に一度家に戻って休めと言う新八に、西郷がもう帰る家はないと告げる


お登勢側がもめごと起こしたってことで、取り壊すことに

前に店にかかってきた電話は西郷からで、逃げろと伝えていたらしい。


銀さんがやってきてガキでも人質に取られたかと聞く
西郷は自分にも護らなければならないものがあるから、と。

「コイツらのこと頼めるかい…心配いらねェ もう店はたたむつもりだ あとは好きにやってくれ」


切れてつかみかかるキャサリン

「ババァが何で一人で次郎長の元へいったかわかるか 俺達・・・護るためだよ それでも死にてーんなら勝手に残って勝手に死にな どうせ万事屋もババーの店もたたむんだ もう俺達ゃ何も関係ねェ 赤の他人 干渉するつもりはねーよ それぞれ好きにやりゃいい 俺も好き勝手やらせてもらうぜ」

「・・・すまねーな・・・俺ァもう何も・・・護れる気がしねェ」




かぶき町内は戦争になるといううわさでもちきり。
マダオ、源外、お妙、狂四郎、八郎、辰巳、鉄子、小銭形がちらっと登場



泣きながら荷物まとめてる新八たち

銀さんは病院で勝男と会話

勝男からお登勢と次郎長の関係をきく


お登勢と次郎長は幼馴染でヤンチャするたび怒鳴ってたのがお登勢
その結果次郎長はヤクザながらも人気者

辰五郎も岡っ引として人気者
次郎長と辰五郎は親友に

やがて二人ともお登勢を好きになったが次郎長が身を引き、辰五郎と結婚

しかし辰五郎は戦争中に次郎長をかばって銃弾を受けて死亡


あの二人はどうしたら幸せになれるかと聞く勝男に銀さんは「俺が潰すから」どうにもならねーと。
ガキ共騙したのかと聞く勝男に

「もう約束破るワケにはいかねーんだよ アイツらまで死なせたら俺ァホントにバーさんにも旦那にも顔向けできねェ」



お登勢のことを勝男にまかせて行こうとする銀さん


そこでお登勢が目を覚まして「アンタの死に際なんて見たくない」と言う


「バーさん 家賃は必ず返す だから…待ってろ」






最後はいつもの銀さんぽかった
内心はどうかわかんないけど表面上は

けど俺が潰すって言ったときは冷めてる感じ


つか若い次郎長かっこいいなww



しかし銀さんが万事屋解散宣言…

神楽と新八がそんな物分かりいいと思えないからきっと来る気がする



それからちょこちょこ出てきた懐かしのキャラたち
この後絡んできたりするのかなー

鉄子は今銀さん獲物ないし、そっから供給するのかな



銀さんは自分から突き放すとこがあるよね
っていうかわざと冷たく当たる
そうすることで相手を危険から遠ざけようとする

お登勢さんが前にキャサリンにしたみたいな
前回の手紙もそうだけど

けど、自分だけが傷付けばいいっていうのは相手を知らない内に傷つけてるんだよね
そういうの銀さんわかってそうなのにな
過去の経験からそうもいかないのかな


その辺わからせてあげる役割が新八神楽で、それでも猫編でのお登勢さんの話からして、少しずつ変わってきてるみたいな
護るっていうのも難しいよね
独りよがりになってもだめだし

頭ではわかっててもそれを自分が実行するにはまだブレーキがかかっちゃって



とりあえずぱっと見はいつも通りっぽいんだけどな
このあとどうなるのか…

来週も気になるなぁ


華陀はホントに読めない

平子は寂しさから今回の行動に出たんだけど、完璧悪役だなぁ
次郎長もこのあとどうするのかめっちゃ気になる

銀さん一人でどうするんだろう、とか



ところでかぶき町ってどこまでなのかな
新八の家とか真撰組屯所とか




300話のいろんな感想読んでて、銀魂が終了に向かうんじゃないかみたいなのがあったけど…
個人的にはまだ続くんだろうなぁって
終わってほしくないってのもあるけど

伏線回収はもちろんだし、それにこの話ってかなり前にネタとしてはできてたっぽいから
空知先生はなんか話とかにブレがない人だと思ってるから




また笑っていつも通り馬鹿やってる万事屋に戻ってくれることを祈ってる。




ホントにホントにお登勢さん生きててよかった



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

銀魂新訳紅桜篇

プロフィール

霜月

Author:霜月
マンガとアニメ大好きな腐女子。
銀魂とBLEACHラブ!
基本的に銀ちゃんと日番谷くん至上主義ww

最近の記事

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。